虹の森の日常とは、あそぶことです。

あそびには、ひとつの場所でじっくりあそぶことも、あっちこっちへおさんぽすることもあります。

 

あそこには何があるんだろう?

こないだ見たあれは、いまどうなっているかな?

お気に入りのあの場所に行きたいなぁ。

 

いろいろな心の動きが、体も動かしていきます。

心のままに自分の体を扱うことを楽しむこと、たっぷり楽しんでいきましょう。 

虹の森には、ようちえんを中心に、平日、休日、それぞれ活動があります。

・ようちえん(はっぱ・ちょうちょ・おひさま組)

  3歳~6歳(年少~年長)の通うようちえんです。

 

・親子クラス(そら組)

  0歳~6歳のこどもたちとその保護者を対象とした、親子で参加するクラスです。

 

・畑のクラス

  みんなで野菜などを育てる畑のクラスです。

  ようちえんのこどもたちと、0歳~6歳のこどもたちとその保護者を対象としたクラスです。


・休日こどもクラス(きのこ組)

  3歳~6歳のこどもたちと、月一回、一日たっぷりあそぶクラスです。

 

・小学生クラス(森のしょうがっこう)

  小学生のみんなと、月一回、一日たっぷりあそぶクラスです。

・親子キャンプ

  年4回、くりこま高原自然学校と一緒に開催しています。

  一泊二日、その季節の森や川を楽しむことを中心に、

  暮らしの時間、夜の時間は、キャンプだからこそ。

  春は5月、夏は8月、秋は9月、冬は3月に開催予定です。

 

・おでかけ虹の森 

  いつもの森を飛び出して、おでかけすることもあります。

  ちょっと短い時間の森のようちえんや、森のおすそわけで暮らしを彩るもの、

  生きものと仲良くなれるものづくりなど。イベントも素敵なものばかり。

  ぜひ、気軽に遊びにいらしてください。

   (出店に関しても、お気軽にお誘いいただけると嬉しいです。)

  *今までのおでかけ

   ARABAKI ROCK FEST.(2015、2016、2017)

   かすがい市(2013秋、2014春・秋、2015春、2016秋)

   ひころマルシェ(2016春、2017初夏)

 

※不定期の活動です。開催については、【お知らせ】で随時ご案内いたします。

 

活動の考え方

 

平日と休日、ケとハレとの日のように考えています。

 

ケは日常の時空間、普段の生活、日々繰り返される暮らしである。

ハレは儀礼や祝祭、年中行事など非日常の時空間、節目折目である。

                         -柳田國男「遠野物語」より

 

平日:ケの日 ー “ケ”は、日常。特別に意識しない毎日こそ、その「人」を作る時間。 

休日:ハレの日 ー "ハレ"は、非日常。いつもと違う場所、友達と一緒に、特別な時間。

 

それぞれの人に合った活動にご参加いただけたら嬉しいです。